【舞台ブログ】「ヒカリ」2日目終了!関係すること、なのだ!

20190921(土)

本番2日目が終了。

ステージはパターンになることもなく、でもいいあんばいも見つかったりして、ステキな瞬間が生まれています。

もちろん破綻になっていくこともあります。

でもそれがまた面白さに繋がったりして、即興の面白さを改めて感じています。

また関係が深まれば深まるほど即興の質も変わるんだなと。

相手からのアクションを受ける世界もワタリの中で変化があって面白い。

関係しているか?していないのか?

やはりそこが重要なのだ!とバカボンのパパみたく言いたくなります。

また舞台の先輩たちとの空間は学びが多いです。

それはステージ上だけでなく、それ以外の時間でも。

楽屋でわざわざ炊飯器と鍋をもってカレーを振る舞ってくれたり、

酵素ドリンクをもってきてくれたり(ワタリが酵素に興味があることもあり話が盛り上がりました)。

また色んな現場でのお話も面白く、かけがえのない時間を過ごしております。

またワタリが感じて意見することにも耳を傾けてくれるのです。

「舞台やるのに、上も下もないから」

「僕のはダメ出しでなく、リクエストです」

演出家のコウさんの考え方や、言葉のチョイスもステキだなぁと感じます。

コウさんからの演劇の話を聞くのも好きです。

そういえば昔、演劇論を語る輩が嫌いだったなぁと思っていた時代がありました。

でも、実際にそんな人いた?と思い出そうとしてもいない。むしろ、演劇の畑にいなかった。即興ばかりだった。

だから、完全に若輩者の「演劇論語る人嫌いな方がオシャレ」というダサい発想だったんだと分かって笑える。

いま、演劇にどっぷりと浸かって生きている人の言葉を浴びることの有り難さを感じています。

またそれがコウさんだからというのもあるなと。

これも、「関係」ということなのだ。

あと2日、4ステージ。

感覚をひらいてひらいて

一瞬一瞬を楽しくまいります。

もしタイミング合う方は新宿ブラッツへ!

お待ちしています。

詳細&申し込みは以下より!

【舞台情報】インプロミュージカル「ヒカリ」

2019.09.14

Photo by Jake Givens on Unsplash


ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。
情報はこのブログ、またはメルマガで配信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。