【W.Sブログ】続・大学ワーク2日目。自分が思っているよりもはやく自分は反応している

20190426(金)

2日目の授業は地味な顔面筋トレや呼吸のことをやるんだけど「ワタリの授業がしばらくないから1人でもできるやつをお知らせするね」という流れにした。

また、授業の後半は「イルカの調教」というゲームをした。

皆が見ている前で生徒1人でやるワーク。

その1人のことをAくんだとすると、一度Aくんは教室の外に出てもらい、彼がいない中で「Aくんにしてほしいこと」を決める。

それは例えば「椅子に座って」だったり「壁に触って」だったりの行動を決める。

で、Aくんに入ってきてもらい、スタート。

皆はAくんを見るだけ。サインは出さない。

Aくんはそこからのインスピレーションを受けて動き始める。

その動いていったものが答えに近づいていたら皆が「ピーピーピー!」と音を出す。

近づけば近づくほど音が大きくなって、あたったら拍手。

というワーク。

その時の感覚を頼りに皆と一緒に答えにいく。

勝手に答えを作ったりしない。

盛り上がった。

なかでもびっくりしたのは後半のクラス。

Aくんが部屋から出ていってもらったあと、ワタリが考えたの

「彼が腰に巻きつけているジャケットを外す」だった。

椅子に座ってなどと違って、どこに移動しても「ピーピー!」という音は鳴らない。

手が腰に巻きつけあるジャケットに近づかない限り。

難易度が高い。

皆に確認して、彼が部屋に入ってくる。

その時、皆がどよめいた。

なんと彼はすでにジャケットをはずしていた。

もう目的は達成されていた。

始める前から答えにたどり着いていた。

爆笑だった。

クラスに戻る前に気合いを入れた彼が脱いだのだった。

盛り上がる皆。

さっぱりわけがわからないAくん。

もちろん偶然かもしれないが、出来すぎている。

Aくんの意識よりも先に勝手に身体が反応したのかもしれない。

自分が思っているよりもはやく自分が反応していたりする。

めっちゃ面白かったし、興味深いことだった。

Photo by Mat Reding on Unsplash


ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。
情報はこのブログ、またはメルマガで配信していきます。

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。