【W.S ブログ】観念して身を委ねる

20190425(木)

今回は上野毛でワークショップ。

ワークショップ開始。

いつもは90秒シーンというのをやっている。

2人で即興の芝居を90秒してもらう。

その中でもたくさんのことが起こっていてそれをどれくらいの細かさでキャッチできるのか?を知っていくにも良いエクササイズ。

しかし、今日はそれを遥かに超えた

30秒ワークというのが生まれる。

これがかなり良かった。

すぐに終わるが、その中でもはっきりと自分が乗れていないっていうのがわかる。

だいたい最初か、その次のセリフでもう相手に意識がなかったりする。

また「今」でなく「このあとにどう展開しよう」とか考えていたらすぐに終わる。

「なんにもできなかったんですけど」という参加者の声があった。

「30秒で絶望が味わえるワークショップ」という言葉もでた。

しかし、一瞬という中に、どれだけの世界があるのか?見えてくると30秒でも面白い。

どうせ30秒で終わるんだから、と観念して、身を委ねることができると良いなって思う。

東京での平成最後のワークショップが終わった。


ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。
情報はこのブログ、またはメルマガで配信していきます。

ABOUTこの記事をかいた人

渡 猛

即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を3年半毎月開催。vol.41を経て全国展開中。 自身が主催する即興ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。他、日本中の大学や企業でも即興ワークショップを通して「今の自分に気づき、見て、大事にする」「他者と失敗を笑い飛ばしながら、喜びの中で関わる」即興体験を提供している。