【映画感想記】「恋人たち」鑑賞

20190420(土)

映画「恋人たち」を観る。

橋口亮輔監督。

ここからはほんの少しだけネタバレする可能性があります。ネタバレだけは絶対にしたくない!というかたはこの記事は華麗なるスルーを!

冒頭の篠原篤の演技でもう惹き込まれる。

また成嶋瞳子さんの自然さ。

アマチュアの俳優が8割という映画らしい。

でもとってもよくできている。

アナウンサー役に内田滋さんがでていた。

ハイバイという劇団のオムニバス作品に出演していたときに違う作品だったけど、本番期間一緒だった。

そのときに、真摯に作品に向かっている姿が印象的だった。

突然殺されたさとちゃんに向かって、「俺は頭が悪い。殺すこともできず、死ぬこともできない」と泣く篠原篤の演技に涙した。

人間の感情を描きたかった。と言っている監督の思いがちゃんと伝わってきた。

監督が8ヶ月かけて脚本を書いたという。

こういうちゃんと人間を描いている映画、とても好きだ。


ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。
情報はこのブログ、またはメルマガで配信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

渡 猛

即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を3年半毎月開催。vol.41を経て全国展開中。 自身が主催する即興ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。他、日本中の大学や企業でも即興ワークショップを通して「今の自分に気づき、見て、大事にする」「他者と失敗を笑い飛ばしながら、喜びの中で関わる」即興体験を提供している。