「やりたい」が手かがり

数年前。

41回のヒトリワタリを終えて、これからはもっと照明のある場所でやりたいと思った。

でも劇場でやることのコスパの悪さを感じていた。

とにかくお金がかかる。

それに比べてライブハウスはPAさんもついて、照明も当たり前に組んでくれる。

そういうこともあってヒトリワタリをライブハウスでやれないか?と考えていた。

原田茶飯事に相談した。

すぐに「月見ル君思フ」を紹介してくれて、タカハシコウキさんと出逢い、「じゃあ一度パラシュート・セッションに出てみませんか?」と声をかけていただいた。

そこから先日のパラシュートで4度目。

素敵なミュージシャンとの出逢いがあった。

また原田茶飯事と熊谷拓明とのコラボはご褒美みたいな時間。

即興芝居とパラシュートは「ツアーでまわりましょう!」とコウキさんがノリノリになるほどの親和性があった。

その後、ロクディムが劇場やホールでやるようになって、劇場でやることが身近になった。

マツリワタリはアトリエだけど、限りなく劇場空間として使った。

コスパが良い悪いでなく、目的に合わせて、劇場やライブハウスを選択できるようになっている。

いずれも、自分の「やりたい」を現実にするために1歩踏み出した積み重ねの結果。

踏み出してみないと見えない感じられない世界ばかり。

踏み出しながら、自分と対話しつつ、修正を繰り返して進む。

その修正をしながら進むという過程が、即興芝居と同じく面白い。

まずは、自分の欲求を頼りに1歩を踏み出す。

あとは即興。

即興芝居と人生がよりリンクするようになってる。


ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。
情報はこのブログ、またはメルマガで配信していきます。

ABOUTこの記事をかいた人

渡 猛

即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を3年半毎月開催。vol.41を経て全国展開中。 自身が主催する即興ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。他、日本中の大学や企業でも即興ワークショップを通して「今の自分に気づき、見て、大事にする」「他者と失敗を笑い飛ばしながら、喜びの中で関わる」即興体験を提供している。