【LIVEブログ】島人ユニット「ウージ★ボーヤ」の2回目のライブが終わった

スポンサーリンク




三の宮の「Egg Plant」にて開催。

昼間の回は、即興的にとってもうまくいった回だった。

それぞれの持ち味が融合され、未知なる展開を楽しんだ。

嬉しい楽しい時間。

夜の回は、昼間の良いものの影響がでたように思う。

「もっと面白くしたい」というマインドになったように思う。

だから、融合というよりもそれぞれの持ち味のぶつけ合いだったり、ワタリが追い詰められることによる面白さだったりが多かったように思う。

「こういうふうにしたい」というマインドが自然を破壊してしまう。

もちろん、破壊による面白さも間違いなくある。

また破壊だけでなく、それをなんとか活かそうとする関わりがあったからよけいに面白いことにはなった。

だからどっちも面白いライブではあったように思う。

ただ、ワタリが好きなのは断然昼の回。

それがはっきりとわかったのが有り難い。

なんで昼の回が良いのか?をもっと伝えられるようになりたいと思う。

素敵な俳優さんが周りに増えてきた。

だからこそ、もっと伝える言葉をもちたいと思っている。

またこの日で会場の「演劇Bar Egg Plant」は閉店。

この日にウージ★ボーヤを開催させてくれたこと。

また「思いっきり笑いました。原点に帰ることができました」と伝えてくれた大下さん。

本当にありがとうございます。

奇跡的な縁が繋がっての今日でした。

人生はどうなるかわからない。

同じ日は二度とない。

あたりまえのこともひとつもない。

初めてこの店に来た時から、1年くらい。

まさかこんなエンディングを迎えるなんて全然想像していなかった。

人生は即興芝居。

始まったら必ずエンディングがある。

エンディングがあったらまた始められる。

人生のエンディングまでとにかくやりきる。

そんなことを考える日。

ウージ★ボーヤの平田理氏。ゲストの湯浅崇氏。

素敵な音楽を奏でてくれるりらさん。

いつも支えてくれるスタッフのじゅんじーとメグ。

エッグプラントの皆さん。

そしてご来場くださいました皆様。

本当にありがとうございました!

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。