即興芝居ライブの祭典「マツリワタリ」キャスト紹介 その9〜松尾としし〜

2019年7月6日(土)、7月7日(日)に開催する即興芝居ライブの祭典「マツリワタリ」。

オーディションによって選ばれ出演するメンバーを紹介していきます。

プロフィール

松尾としし(まつおとしし)

コロンディーとして東京で活動中。

数学がすき。世界は必然でできている。

松尾とししのライブにむけての『想い』

僕はどちらかというと、物を批判的に見ているほうだと思う。

世界には課題があり、もっと良くなるはずだという前提から始まる。

いわゆる課題解決が好きだ。

課題の置き場所にもいろいろあるが、

ぼくは大きなマイナスをゼロにするものよりも、

「大きなプラスになる可能性があるのに、まだのびていない」

と置くのが好きだ。

さらにいえばそこには、

これまでの成長曲線の延長でゆっくりたどり着くのではなく、

いきなり跳ねるようにたどり着くのが好きだ。

マツリワタリのやり取りをしていくと、その大きなプラスに挑むこと自体が、尊いものであるとはっきり感じる。

跳ねた未来には結果として今とつながっていて、感動や嬉しさが伴っている。

渡さんの言葉で言えば、それは

「遊びあう気持ちで乗っかる」

ことの先だし、

結果的に、”今”を肯定し創造的な未来になる。

マツリワタリのメンバーは、

無意識で備えた、乗っかる村出身の人もいるし、

跳ねた未来がつながっていたことになる強い存在感の人もいる。

人間的な強さを感じさせる豊かなメンバーが多くいると

楽しめているのかなとふと立ち止まって思う。

僕は、パーティにいるとき急に俯瞰してしまう。

本当はこういうときは立ち止まらずに

前と上をみて駆け上がることが、その時のやり方なんだろう。

ただ、この場に自分が貢献できることがあって、みつかると信じてる。

なぜなら世界は必然でできているはずだから。

ワタリからとししへの想い

とししは必死で考える。

いつもいろんな視点で物事を見ようとするし、複雑になればなるほど燃えていく。

また、ワタリにまったくない切り口でものごとを見事に融合させる時がある。

しかし、ときに考えすぎて全然動けない時がある。

即興的にはアウト。

しかし、とししはそれもまた面白い。

分厚い黒縁のメガネをかけて、相当に思考し、動き、立ち回るも、まったく刃が立たず

どうしていいか分からず呆然としている。

黒縁メガネの奥にある目の光がフッと消えかかる時、

彼の魅力が訪れるときがある。

とにかく必死になっていたら、どっちに転んでも良い存在。

ただ、ワタリはなにより

とししが楽しそうに笑っている時。

その笑顔は、いろんな障害をなくし、あたたかく気持ちの良い感じになる。

だから、今回は彼が心から楽しむ瞬間が見れたらワタリは嬉しい。

その後の呆然とする瞬間にもワクワクしながら。

松尾とししの出演予定のステージは7/6(土)「マツリ・ライブ」です

「マツリ・ライブ」
【概要】オーディションに選ばれたメンバーが切磋琢磨し、交じりあう。一期一会の即興ライブ。

【日時】2019年7月6日(土)
開場|13:30 開演|14:00

【出演】青木宏幸、我妻麻衣、伊藤えりこ、太郎左衛門、永田マミ、藤井徳彦、松尾俊志、依田哲哉[五十音順]

【定員】60名 全席自由

【料金】
◉大人 前売:2,500円/当日:2,800円
◉高校生以下 前売:2,000円/当日:2,300円
※未就学児のお子様は保護者の膝の上に限り無料です。

会場はアトリエ第Q藝術

〒157-0066 東京都世田谷区成城2-38-16
小田急線「成城学園前」駅下車、中央口改札より出て
北口からなら成城石井の手前を右折、次の交差点を右折、
左手に見える駐輪場の間を通る。
南口からなら上島珈琲の先を左折、次の居酒屋こじまのある十字路を左折、右手に見える駐輪場の間を通る。
どちらからでも徒歩3分。
(オダクル成城学園前第1駐輪場となり)

題名に「マツリワタリ予約」として

本文に「ライブ名、日程、予約の方の名前(カタカナ)、種類、枚数」を明記の上、お送りください。


マツリワタリの全概要はこちら

【LIVE情報】ロクディム共同主宰、渡猛がプロデュースする「マツリワタリ」は異なる3つの即興ライブをおおくりします

2019.06.13

7/6(土)、ロクディム共同主宰、渡猛が即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」の東京単独ライブの情報は以下より!

【LIVE情報】ヒトリワタリが東京に「単独」となり帰ってくる。「ヒトリワタリ vol.42」開催いたします!

2019.06.06

ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。
情報はこのブログ、またはメルマガで配信していきます。

ABOUTこの記事をかいた人

渡 猛

即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を3年半毎月開催。vol.41を経て全国展開中。 自身が主催する即興ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。他、日本中の大学や企業でも即興ワークショップを通して「今の自分に気づき、見て、大事にする」「他者と失敗を笑い飛ばしながら、喜びの中で関わる」即興体験を提供している。