ヨガと即興芝居

20190411(木)

この日は、久しぶりにヨガを受けに。

ヨガ、身体を動かすアーサナも、その哲学も、とっても興味があるんです。

昔から身体のことにも興味があり、身体からアプローチする即興もあるだろうと自分で色々探求していて、

その中でヨガはかなり大事かも・・と思っていたところ、数年前に友だちのダンサーから

「ちゃんとヨガを教えてくれる人と出会ったんだよ」

という話を聞き、ナラヨガを教えている奈良さんを紹介してもらうことになりました。

最初に逢ったときの奈良さんのインパクトたるや。

「・・え?仙人って東京にいるの?」

って思ったほどの仙人感。

細い身体にヒゲが生えてて、喋り方も広島出身だかというのもあり「〜じゃな〜」と言うから、余計に仙人感!

その奈良さんに初対面で、「地球と繋がるとなこういうこともできるんじゃよ」とワタリに抱きつき、軽々持ち上げ、ぐるんぐるん回された時に

「ああ・・面白い人がいる!」

と、一気に好きになったのを思い出します。

そんな奈良さんのヨガ。

アーサナとしては「座る」「寝る」「立つ」という凄まじくシンプルなものから始まります。それだけで相当スッキリします。

知り合いの女優さんはそれだけで、好転反応が出たほど。

また奈良さんとは「即興×ヨガ」の対談「ナラワタリ」を企画させていただいたりと、良い縁を繋がせてもらっております。

久しぶりに行って奈良さんや参加者の皆さんとも久しぶりに逢えて、純粋に受講生として参加できることがもう嬉しい。

2時間弱、体と呼吸に向き合う。

座りのヨーガ。丸みのヨーガ。寝っ転がるヨーガ。脇の付け根をマッサージすること。

「腕をねじって」と言われてやってみると、そうじゃないとなる。

ねじっているつもりになっている。

「本当にねじるのはこうじゃよ」

やっているつもりになっていることに気づいていない。

ちゃんと体をみる。感じる。

思考にも身体にも思い込みがたくさんある。

まずそれに気づくことが大事。

気づけば向き合うことも修正するために工夫することもできる。

そんなことを思ったり、

また気持ちよすぎて寝てしまったり。

なんて贅沢な時間なんだろうと。

「自分と仲良くなること。それがヨーガじゃよ」

と奈良さん。

全部が終わり、頭がすっきり。

お風呂よりも気持ちいい。これは本当に大事だなって思う。いつも頑張ってくれている体さんを労う時間。

そんな奈良さんとの即興とヨガの対談「ナラワタリ」の動画もよろしくお願いいたします。

ヒトリワタリも自分と仲良くなっていることが大事。

仲良くなった自分だから、手放せることができる。

自分とつながり、手放し、地球とつながったとき、1人が1人じゃない空間となります。

7/6(土)はヒトリワタリの東京単独ライブ!

まだまだお席のほうありますので、ご予約お待ちしておりますっ。


【LIVE情報】ヒトリワタリが東京に「単独」となり帰ってくる。「ヒトリワタリ vol.42」開催いたします!

2019.06.06

【LIVE情報】ロクディム共同主宰、渡猛がプロデュースする「マツリワタリ」は異なる3つの即興ライブをおおくりします

2019.06.13

ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。
情報はこのブログ、またはメルマガで配信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

渡 猛

即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を3年半毎月開催。vol.41を経て全国展開中。 自身が主催する即興ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。他、日本中の大学や企業でも即興ワークショップを通して「今の自分に気づき、見て、大事にする」「他者と失敗を笑い飛ばしながら、喜びの中で関わる」即興体験を提供している。