Performance・WSと「マツリワタリ」が生まれたわけ

20190407(日)

昼からワークショップ。

最近通ってくれている参加者が

Performanceワークショップについて、

「他のワークショップは初心者向けなのはたくさんあるんですけど、ある程度経験している人が通うワークショップがあまりない。だからここのPerformanceはとっても有り難いです」

という話をしてくれた。

他をほとんど知らないワタリ。

ただ、自分のやりたいことを追究しているだけだから、そういう参加している人の発言は非常に参考になる。

毎回色んな人が参加し、即興体験を通して自分の「身体」や「感情」や「心」に触れていくbasic・WS。

それを10年ほどやった時に、もっと「即興表現」を追究したいという欲が出た。

そう思って、performance・WSをはじめて4年かな?

俳優もインプロバイザーもダンサーも、声優も、どんな人でも、もっともっと色んな人たちが集まって「即興表現」を追究し、それがperformanceとして観てる人に届くようにするには?を考え実践し、広がっていったら・・面白いやん!

と、始めたものの、なかなか思うようにはいかない。

この「思うようにはいかない」という感覚がワタリにとってとっても興味深かった。

つまりワタリの中に「実現したい想いがある」ということなんだ!って気づけた。

ワークは、熱がある人が集まるし、とっても真摯に取組んでくれる。

だからこそ、basicでは言わないことを言うような関係性が築けた。

だからこそ見えたもの。

その人たちがどこまで覚悟しているのか?

どこまでやりたい!って思っているのか?

そんなことを参加者に問い続けることが多かった。

そしてそれはそっくりそのまま自分に跳ね返ってくる。

どこまでやりたいのか?と。

自分が考えてることや、体現していきたい世界。

ロクディムで試行錯誤し、切磋琢磨して発見し実践していること。

それをもっと多くの人に知ってほしいし、体験してほしい。

そしてそれをもっと深く一緒に学べる仲間がほしい。

そんな想いがふつふつとわいていた。

また、色んなところでワタリが即興をすることが多くなって、そこで共演したダンサーや俳優さんやパフォーマーの人もワークショップに参加するようになった。

その時の場の熱の上がり方。

質問の内容。

どれも濃いのです。

そうするとまわりの刺激をうけ、もっと熱量があがり、より探究する濃度があがる。

ただ、それは、ワークショップという形式上、そこで終わる。

その刺激はまたそれぞれのフィールドで活かされる。それはとても嬉しいこと。

でも、「即興表現」自体をもっと一緒に探究できたらって思う。

そしたら、それを表現を通して体感していくには、ワークショップというカテゴリーだけでは到達できないことを知ったんです。

本番が必要。

このばあい、「発表会」だと意味がない。発表会は発表会。

本番じゃないんだ。

じゃあ本番をすればいいじゃないか?となるとそれも違う。

いまのままやっても、きっと「想い」が届かない。

もっと多くの人を巻きこんで、その熱量の中で、切磋琢磨していきたい。

そこで思いついたのが「マツリワタリ」だった。

オーディション・WSをする。

そこで切磋琢磨し、選ばれたメンバーとライブをする。

そこまでやった時、performance・WSでやっていることが届くようにも思う。

まだ、やってみないと分からないけど。

でも、間違いなくワタリにとってドキドキ・ワクワクする大きな出来事になっている。

明日、明後日、いよいよ

「マツリワタリ・オーディション・WS」

楽しみにいってきます!


【LIVE情報】ヒトリワタリが東京に「単独」となり帰ってくる。「ヒトリワタリ vol.42」開催いたします!

2019.06.06

【オーディションWS情報】ロクディム共同主宰、渡猛がプロデュースする「マツリワタリ2019」とは?

2019.04.28

ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。
情報はこのブログ、またはメルマガで配信していきます。

ABOUTこの記事をかいた人

渡 猛

即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を3年半毎月開催。vol.41を経て全国展開中。 自身が主催する即興ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。他、日本中の大学や企業でも即興ワークショップを通して「今の自分に気づき、見て、大事にする」「他者と失敗を笑い飛ばしながら、喜びの中で関わる」即興体験を提供している。