【WSブログ】楽しいをたっぷり味わってみよう

20190401(月)

Basicワーク。

新規参加の人も。

いろいろ話を聞いていく。

「完璧でなければいけない」

「自分のやっていきたいことと、他者からの期待とのギャップ」で苦しくなって、好きな活動を休んでいるところ、知り合いにここのワークを勧められた。

ということだった。

そういう過去が自分が本当に何をしたいのかを教えてくれるはず。という話をした。

また、ワークを進めていく中で、めっちゃくちゃ面白い経験したのに、感想ででてくるのは「課題」だったり「ダメ出し」

その思考パターンに気づいていく。

実際にワークをやっているときは、ものすごい笑顔で飛び跳ねて楽しくやっている。

でも、話しのなかで、振り返っていくと、自分を虐める傾向があった。

自転車でものすごい早いスピード出て最高に気持ち良い瞬間を体験したのに、「このままじゃ駄目だ」「足の筋肉のバランスが悪い」と考えて、筋トレしないとって考える。

どっちが本当なのか?とか、どっちが正しいのか?というよりも

楽しい自分を受け入れてはいけないとしているような印象。

どちらも選べる。

だったら楽しいをたっぷり味わってみよう。

で、ワークをすすめていく。

そうすると身体が反応して涙が流れることもある。

自分と仲良くなっていくこと。

じゃないと相手のことも大事にできない。

ということは即興はできない。

そんな話しができた。

仲良くなった上で、自分でバランス取りながら、自分の道を進めますように。


【オーディションWS情報】ロクディム共同主宰、渡猛がプロデュースする「マツリワタリ2019」とは?

2019.04.28

ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。
情報はこのブログ、またはメルマガで配信していきます。

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。