【映画感想記】「グリーンブック」鑑賞 ※ネタバレあり

グリーンブックを観た。

ここからはじゃっかんのネタバレを含みます。ネタバレ嫌いな方は見惚れるほどのスルーを。
あらすじ
舞台は1962年のアメリカ。ジム・クロウ法の真っただ中、トニー・“リップ”・ヴァレロンガはニューヨーク市のナイトクラブで用心棒をしていた。ある日、彼が働いている「コパカバーナ」というナイトクラブが改装工事のため閉鎖されてしまう。新しい仕事を探している矢先に、アメリカ中西部、ディープサウスを回る8週間のコンサートツアーの運転手を探しているアフリカ系アメリカ人のクラシック系ピアニスト、ドン・シャーリーとの面接を紹介される。ドンは、トニーの肉体的な強さや、物怖じしない性格を見込んで彼を雇うことにした。トニーは妻と子供2人の家庭を持っており、親戚も多いため、クリスマス・イブまでに自宅に帰るという約束のもと、ツアーに出発する。

映画はまったくなんにも情報を入れずに映画館で観た。

見る映画のタイトルすら分かっていないってすごいことだと思う。 

本当に上質だった。

終始、2人の関係の話しだったのもすごい。

脚本の素晴らしさ。役者の素晴らしさ。余計なものがまったくない。

あとで気づいたことだけど、主演の男の人がなんとなんと、ブログにも感想を書いたことのある映画「はじまりへの旅」のウィゴ·モーテンセンだった。体重何キロ増やしたんだろう?ってくらいのデブさ。大食漢さ。

「始まりへの旅」をみて感じる自分の今いる環境、生き方。選択するということ。バランスの大事さ。

2019.01.05

なんでもこの役のために14キロ増量したそうだ。

撮影で痩せないように食べ続けていたけど、食べることに飽きてきて、フタッフから「痩せてきてますよっ。食べないと!」と注意されたらしい。

また、タバコが本当に美味しそう。またたべっぷりが尋常じゃない。Lサイズ規模のピザを半分に折ってかぶりついた時、うわぁ~って声が出てしまった。

共演するマハーシャラ·アリも素敵だった。

ミュージシャンにしか見えないんだよなぁ。本当にすごい。

2人の絡みが絶妙。

話も黒人差別が激しい時代に、命の危険があっても自分を貫くミュージシャンの話。

とも言えるし、

差別をしていた白人の変化の話。

とも言えるし、でも全然そんなふうにまとめられるものではないというのが正直なところ。

そんな言葉ではまとめきれるはずもないものがスクリーンからたくさん表現されていた。

アカデミー賞3部門(作品賞、脚本賞、助演男優賞)を受賞した作品。

批判も多かったようだけど、ワタリ的には最高の映画だった。

2人の関係をしっかり描いているということ。

また、人間が残酷に別けられている世界と、一緒になっている世界を描いている作品。

また観たい。


【オーディションWS情報】ロクディム共同主宰、渡猛がプロデュースする「マツリワタリ2019」とは?

2019.04.28

ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。
情報はこのブログ、またはメルマガで配信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。