【ワタリの雑談】ストレスが習慣になっていることに気づかせてくれたジェームス・ディーン。

20190305(火)

履いていたジーンズがダメになった。

穴が空いた。股ぐらに。

だいたい股ぐらに穴が空いてお別れがくる。

チャリによく乗るため、サドルと擦れてしまうのが原因なんだと思う。

新しいやつを買いにいく。

最近はコスパの良さから、いつもユニクロのストレッチジーンズ。

でも今回

なぜか、急にたまらなくリーバイスのジーンズが欲しくなった。

ワタリ、ジーンズが好きなんです。

きっかけは中学生のとき、ブラウン管のTVに突如現れたジェームス·ディーン。

「なんや!この憂いは!憂いを秘めまくった顔は!」

リーバイスのCMの彼に夢中になりました。

当時、辛い失恋をして暗黒の中学時代を迎えていたワタリ。

勝手にジェームス・ディーンと自分とを重ね合わせます。

とにかくジェームス・ディーンになりたくて天パの髪をリーゼントにして、ポケットに手をつっこんでうつむき加減に歩き、憂いを秘めた顔で1日を過ごしていました。

なにか不満があるように、物憂げに世界を観ていました。

基本ずっと上目づかいでした。

誰かが話しかけても、上目づかいで、気だるそうに返答します。

「ねぇ」

「・・・うん」

「何してるん?」

「・・・なにも」

「いや、テスト用紙早く後ろにまわしてや」

「・・・・・ごめん」

気だるく世の中を憂う。

理由なき反抗ぐあいも真似たんです。

それが一番格好いいと信じていました。

結果、友達がまったくできませんでした。

そんなジェームス・ディーン。

が、履いているリーバイス。

真似しないわけがありません。

それ以来リーバイスの501に夢中。(あとでジェームス·ディーン自身はLEEを履いていたと知って発狂する)

高校の時はジーンズ自体にこだわって、これは1950代の復刻で〜とか、赤耳が〜、イエローステッチが〜、BIG Eが良い〜とか、どんどんマニアックになっていってました。

しかし、上京してからはお金がなく、そして、ジーンズにたいするこだわりもなくなって、基本安さと動きやすさを重視していました。

だけど、急にきました。熱が。

そうだ。リーバイスを買おう、と。

明治神宮前駅で降りてリーバイスストアへ。

しかし、動きやすさは絶対。

探したらリーバイスでもスキニーがあった。しかも501の!

510とか他のスキニーもはいたけど、501が一番ラクで伸びて、履き心地が良かった。

もちろんユニクロだって良いです。

違いだって細かい部分なのかもしれません。

でも、気持ちが・・気持ちが全然違う。

テンションが上がっていたのでしょう。

そのままベルトも購入しました。

今使っているベルト、ワタリが太っていた数年前に購入し、痩せるたびに穴をあけて使っていたんです。

気に入っていたので、買い換えるっていう発想が全くなく。

でも痩せたためベルト自体が長くなってしまい、余った部分がベローンって垂れてしまうので、毎回、しっぽをグルって巻き込むようにベルトに挟んでいたんです。

リーバイス501でテンションあがったワタリ。

そうだ。ベルトも買おうと決断。

実際に装着してみると、スッと胸がスッキりする感覚。

その時「あ、これって結構ストレスだったんだな」って実感。

普段身に着けているものが、実はストレスになっているってことがある。

日常になっているから、気づいてない。

ストレスなのに、習慣だからそれに慣れてしまっている。

今回新しくベルトを試したことによって分かった。

いままで使っていたベルトはストレスだったということ。

ストレスだよ〜っていう身体からの声を無視していたこと。

それが自分にご褒美をあげた瞬間に聞こえてくる。

ストレスがなくなり、501も手にはいり、ご満悦。

普段自分が使っているものや、着ているもの。

それが身体にとって、嬉しいかどうかを確認する。

可能であれば、自分にあったものや、自分が喜ぶものに。

そして、それが分かるために、ストレスがあったと考えると、ストレスも悪いもんではない。

ジェームス・ディーンとして過ごした中学時代があったからこそ、憂いよりも笑顔が良いって気づけたし!

友達がいてワイワイしたほうが好き。

ありがとう。ジェームス・ディーン。

ロクディム共同主宰の渡猛が大阪でおおくりするワークショップ&ライブ情報

【WS情報】ロクディム共同主宰、渡猛がおおくりする集中即興ワークショップ「ワタリーショップ」大阪で開催します!

【WS情報】ロクディム共同主宰、渡猛がおおくりする集中即興ワークショップ「ワタリーショップ」大阪で開催します!

2019.03.24

【LIVE情報】ロクディム共同主宰、渡猛がおおくりする即興1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」。大阪で開催します!

【LIVE情報】ロクディム共同主宰、渡猛がおおくりする即興1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」。大阪で開催します!

2019.03.24

ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。
情報はこのブログ、またはメルマガで配信していきます。

ABOUTこの記事をかいた人

渡 猛

即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を3年半毎月開催。vol.41を経て全国展開中。 自身が主催する即興ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。他、日本中の大学や企業でも即興ワークショップを通して「今の自分に気づき、見て、大事にする」「他者と失敗を笑い飛ばしながら、喜びの中で関わる」即興体験を提供している。