遺伝と向き合う40代。特定健診の結果を聞きに行った。

20190221(金)

漢・渡猛40歳。

国から「特定健診」なるものの案内をいただきました。

説明:特定健診とは?
40歳から74歳のすべての被保険者・被扶養者を対象に「特定健診・特定保健指導」が実施されます。健診項目に腹囲の計測が新たに加わるなど、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防と改善が大きな目的です。

こういう診断は、18歳で上京してから一度もかかったことがございませんの。

なので、有り難く行ってみることにしました。そうとう腰が重かったけどさ。

基本のやつにプラスして「胃がんリスク」「大腸がん検診」も受けました。

で、結果なんだけど、大腸がん検診を受けると、全部の結果がでるのが1ヶ月半くらいかかるってことだったんですね。

「そのためにわざわざ一ヶ月半待って、病院にいくのも億劫だな〜」って思ったら、ちょうど具合が悪くて、咳がとまらなくなったのでいい感じで病院に行くことができました。

1回呼ばれて看護師さんに血圧測ってもらう。

だいたいその時に「あれ?」とワタリの肌をみて変な顔をされる。「アトピーです」というと「ああ、はい」となるんだけど、もういい加減面倒くらいから「通常運転でぇ~す」とオネェみたいに言いたい衝動にかられる。

血圧なんかを測って、今日きた理由を述べて、また受付へ。

再度呼ばれて先生とごたいめ〜ん。あ、オネエが残ってる。ご対面。

まずはこの咳について。

どうやらアレルギーらしい。

なんのアレルギーなのかは「犬の近くにいって咳がでたっていうならわかりやすいんですけど、他はあんまりハッキリとはわからないんですよ」とのこと。

ただ、ワタリの場合は風邪ひいて、そのまま咳だけ残るパターンになっている。

咳喘息みたいなやつを引き起こしやすい。

だから、「アレルギーを押さえる薬を出しましょう」となる。

そして特定健診の結果。

大腸がんも大丈夫。

胃がんも心配ない。

ただ、

尿酸値とLDLっていう数値が高いという。

痛風と、心筋梗塞や狭心症になる可能性あるやつ。

ワタリの2015年のデータよりも数値が増えてるから、薬を飲むほうが良いかもしれないという話。

LDLのほうはまだ急ぎではないけど、尿酸値のほうは基本高いから、もう尿酸値を下げる薬を飲んだほうが良いとのこと。

副作用は?と聞くと「筋肉痛です」という。筋肉痛??

あとはなにもない。ただ、日々の生活の中に薬を飲み続けるということをどう受け取るか?

そして、この尿酸値やLDLは、お酒や生活習慣も影響あるけど、何よりも「遺伝」なんだって。

どんだけ〜〜!!と。

言いたかった。

「薬を飲んだほうが良いかもしれません」
「どんだけ〜〜!!」
「・・いや毎日」

って切り替えしてくるお医者だったら一気に仲良くなるかもしれない。

しかし、遺伝なんです。ってその遺伝っていつから??

ワタリ一族が誕生したときに?マンモスの肉を人一倍食べてしまったせい?

それとも明治くらいで、海外から来た食べ物を一気に取ってしまったため?

食べ物でなく、宇宙が大爆発で誕生した時に、粒子が集まってアメーバになろうと言う時に

「ワタシハ ニョウサンチ タカメデ イキル!」

なんて決めたから?

遺伝ってなんだろうね?

まぁ原因を知ったところで変わらないのであれば、とにかくそうなのかと。じゃあどうするか?と考える。

また咳からくる肺も心配だからCTを撮ることに。

中にはいって筒状の機械に入っていく。

機械から「イキヲスッテクダサイ。ハイトメテクダサイ」という声に従う。

「アナタ ハ ビックバンノ トキニ ニョウサンチタカメデ ウマレテキタンデス」

なんて言われるんじゃないかと。言われなかったけど。

すぐに先生が「ちゃんと確認しますけど、見た感じ前よりも良くなってるからこれは大丈夫ですね」と言われる。

さて、ここから尿酸値との戦い。

咳(これはアレルギーによるものらしい)と、尿酸値さげる薬をもらった。

こういうことに向き合う時代に突入。

自分の遺伝を受け入れていくっていうことも面白い。これが大人かと。

しかし、最初、あまりにワタリが薬を飲み続けることに対して渋い顔をしていたんだと思う。

先生が「僕も40代から尿酸値をさげる薬を飲んでいます。低いにこしたことはないので」という話をしてくれた。

なんかたぶん、いい先生なんだと思う。

そして、その先生が言って衝撃だったのが、

「尿酸値ですけど、プリン体を取っても取っていなくてもあまり関係ないってことが最近の研究でわかったんです」ということ。

えーーーーーーー!!!??

プリン体気にして、ビールもそこそこにウーロンハイにしてるとか、「プリン体ゼロにしよう」とかがもう滑稽なことに。

なんて考えたら巷で出てくる情報なんて、本当のところはまったく分からない。

でも情報はこれからどんどんたくさん出てくる。

その中で、誰の情報なのか?ということ。

信頼できる人からの情報をもっていくこと。

そして、なにより自分の体の声を聞くのが一番大事なんじゃないか?と思った。

その上で起きたことについては自分が納得できるように思った。

興味をもって今年やろうと考えていた、酵素ドリンクもやろうと思った。

そして、自分がいかに楽しく生きるか?ってことが大事よ。やっぱり。

で、帰りにカレー食べて帰ったわ。

どんだけ〜〜!!

ロクディム共同主宰の渡猛が大阪でおおくりするワークショップ&ライブ情報

【WS情報】ロクディム共同主宰、渡猛がおおくりする集中即興ワークショップ「ワタリーショップ」大阪で開催します!

【WS情報】ロクディム共同主宰、渡猛がおおくりする集中即興ワークショップ「ワタリーショップ」大阪で開催します!

2019.03.24
【LIVE情報】ロクディム共同主宰、渡猛がおおくりする即興1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」。大阪で開催します!

【LIVE情報】ロクディム共同主宰、渡猛がおおくりする即興1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」。大阪で開催します!

2019.03.24

ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。
情報はこのブログ、またはメルマガで配信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

渡 猛

即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を3年半毎月開催。vol.41を経て全国展開中。 自身が主催する即興ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。他、日本中の大学や企業でも即興ワークショップを通して「今の自分に気づき、見て、大事にする」「他者と失敗を笑い飛ばしながら、喜びの中で関わる」即興体験を提供している。