【ワタリの雑談】漢40歳、最大の衝撃!

スポンサーリンク




20190219(火)

その日、ワタリはたくさん寝た。

昼過ぎまで寝ていたように思う。

体調が悪い日々が続いていたからか、その日は夜まで外に出る予定がなかったので、ぐっすり。

ただ、映像編集の締切りが迫っていたので、体を起こし、トイレに行って小をして、リビングへ。

外はとてもいい天気。

ツマミちゃんが洗濯物をベランダで干している。

洗濯物が風になびいている。

ワタリはパソコンを開く。

「集中してやろう」

そう決意したらケツが痒くなった。

痒いのはケツの右側。

ズボンに手を入れて掻く。

違和感。

え・・・?なんだ・・?濡れてる??

お尻って基本的に冷えている。だから濡れていると勘違いしたのかな?

何度も手を入れ直してみる。違う。うん。濡れてる。間違いなく濡れている。

お尻の右側が濡れている??え!

スッと立つ。

ズボンを脱ぐ。

パンツ一枚になる。

グレイのパンツの右半分が濡れて黒くなっている。

・・・・え?

知らない間に濡れている。

パンツ一枚のまま、立ち尽くす。頭を巡らせる。

知らない間のワタリの右側のお尻を何者かが濡らした・・だと?

そんなことが可能なのか?いったいどこで?

パソコンを開いた時に?Macから何か液体が?あり得ない。

トイレに行った時に、ちゃんとできてなかった?いや、だってパンツはちゃんとおろしたし。

パニックになって、洗濯物を干していたツマミちゃんに報告する。

「見て!こっちだけ濡れてるの!」

ツマミちゃん「え・・・?お漏らししたの?」

ワタリ「え?お漏らし?!そんなわけないじゃん。だってこっち側だけ濡れてるんだよ!」

しばらく黒くなっている部分を見る2人。

ツマミちゃん「・・ニオイは?」

そういう質問が来るって思っていた。でもなんでかワタリは行動に出れなかった。

恐る恐る触った手のニオイを嗅ぐ。

ほのかに

おしっこのニオイがする。

・・・え?え?えー!!!

そんなバカな・・・!いったい?いつの間に?

おしっこなんて漏らしたとしたらその時に気づいたりするんじゃないの?

まだ「何者かがワタリの右側のケツを濡らした説」にすがっているワタリ。

しかも液体はおしっこの可能性がある。

犯人はワタリに気づかれないように、そっと忍び寄り、ワタリのお尻の右側に尿をかけた。そうに・・そうに違いない!

ツマミちゃん「・・ベッドは?」

嫌だ・・嫌だ!行きたくない!

心の中で叫ぶ。

ツマミちゃん「確認してみんちゃい」

恐る恐る

ベッドに。

ワタリが寝ていた部分を

触る。濡れている。発狂。

おもらししてるーーーーー!!!!!!!

ワタリ40歳!おもらししてるーーーーーー!!!!!!

リビングに戻りツマミちゃんに

ワタリ「してた!!!おしっこ・・漏らしてた〜!」

その時の顔はきっと幼稚園や小学生のそれ。

信じられない&恥ずかしい&どうか自尊心を傷つけないでほしいというすがり

ツマミちゃん「あらら〜やっちゃったんじゃね〜ははは〜」

と笑い飛ばす。

昨日の晩、飲みすぎたとかでなく、一滴も酒を飲んでいない。

飲んでてほしかった。

唯一あるとしたら、かなりトイレに行きたいな〜って思ってて、

「でももうトイレに行くの面倒くさいな〜行きたかったら起きて行くからいいか〜あとは寝たあとのワタリに任せとこ〜」と思って寝たんであった。

「なにやってんだよ!!寝てる時のワタリ!!」
「バカ言うなよ!起きてる時のワタリがやることだろ!」
「はぁ?なんでだよ!」
「こっちは無意識やってんだよ。無意識で体リラックスさせて明日に備えてんでしょーが!」
「・・そ・・・まぁ・・・・うん」
「甘えてんじゃないよ!」

なんていう喧嘩が脳内で起きる。表面的にはただ突っ立っている。

ツマミちゃん「ちゃんと洗ってね」

「お漏らし 布団 洗い方」検索。

応急処置的に、新聞紙をひいたり、消臭スプレーしたり、ドライヤーで乾かしたりする。

漢・40歳。ワタリ、激震。

いままでどんなに酔っ払っていても漏らしたことはないのに。

シラフでやってしまっている。

しばらくしてもじゃっかん凹んでいるワタリにツマミちゃんが

「どうしたの?お漏らしちゃん!」

と、からかってくる。

これはきっと半年は続くやつだと覚悟する。

こういうことも経験していくんだな〜って思いつつ、ワークショップへ。

お漏らしのことなど関係なくワークショップはいい感じで進む。

濃厚に終わる。

その帰り道。

弟子のチヒロに「オネショ」の話を告白する。

師匠たるもの、こういうこともシェアしていこうと。そういう師匠だよと。

そしたらチヒロは悲しそうな同情したような顔になり

チヒロ「師匠・・・」

と口ごもる。

憧れの対象が憧れでなくなる。

おしっこ1つで色々失うこともある。

そんなことを一瞬で考えた。

そしたら

チヒロ「あの・・・実は・・・僕も今日お漏らししたんですよ!!!!すごいですねーー!!!」

この世でもっとも無意味な奇跡のシンクロ。

膀胱で繋がる師弟ってなに?!

ロクディム共同主宰の渡猛が大阪でおおくりするワークショップ&ライブ情報

【WS情報】ロクディム共同主宰、渡猛がおおくりする集中即興ワークショップ「ワタリーショップ」大阪で開催します!

【WS情報】ロクディム共同主宰、渡猛がおおくりする集中即興ワークショップ「ワタリーショップ」大阪で開催します!

2019.03.24

【LIVE情報】ロクディム共同主宰、渡猛がおおくりする即興1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」。大阪で開催します!

【LIVE情報】ロクディム共同主宰、渡猛がおおくりする即興1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」。大阪で開催します!

2019.03.24

ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。
情報はこのブログ、またはメルマガで配信していきます。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。