即興旅「九州ツアー」。福岡へ。

20190208(金)

福岡にいく。

東京で毎年「弁理士会」の研修をやっている。

その評判を聞いて、九州でもやってほしいと声がかかった。

そうやって広がっていくのは嬉しいし、何より大好きな人たちがいる九州にいけることが有り難い。

その流れで研修が終わった後はすぐに東京に帰らず、福岡でのワークショップや、大分でのヒトリワタリ、また福岡へ戻ってLIVEという「即興旅」を組ませてもらった。

当日の朝。

起きれた奇跡を感じつつ、朝イチで羽田へ。

飛行機に乗り込む。ワタリは飛行機の後ろの席だったが、もっと後ろの席で赤ちゃんが泣いている。でも気にせず速攻で寝る。

爆睡。

2時間。

起きるとまもなく福岡空港のアナウンスがあった。

赤ちゃんはまだ泣いていた。ギャン泣きだった。

もうすごいなって思う。そのエネルギーがすごい。ずっと泣いていられる体力よ。

しばらく聞いていて不安がよぎる。赤ちゃんの泣き声しか聞こえてこないから、親は何してるんだろう?もしかして何にもしてなかったらどうしよう?なんて気になる。

着陸して、ベルトを取って立ち上がるときに、後ろを振り向くと、たぶんその列全部が親族。で、母親はずっと赤ちゃんを抱いていた。そうとう小さい赤ちゃん。まだ生まれたてやんか!くらい。納得。

福岡空港で東京支部の洋平さんと待ち合わせ。

「研修前にモツ鍋食べていきましょう」

博多駅にあるモツ鍋屋さん。

2人で鍋。

やはり美味しい。さらにモツを1人前追加する。

弁理士の洋平さんに、著作権の話を聞く。

ワタリはずっとやりたい演目がある。

何年も前にやっていた一人芝居「ケイブマン」

ブロードウェイで最もロングランしたこの作品の日本語バージョンを2年ほどやっていた。

今だってずっとやりたいって思っているほど好きな作品。だが、権利の問題がありやれていない状態が何年も続いている。それについていろいろ聞く。

その熱が洋平さんに少し伝わったようで「ちょっと改めて話ききますね。福岡これたのはワタリさんのおかげなんで」と言ってくれた。

有り難い言葉だった。

モツ鍋食べて、会場へ。

駅から地下街を通って地上にいかずに到着。

九州即興旅。

初日は弁理士会の研修。

始まる。

ABOUTこの記事をかいた人

渡 猛

即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を3年半毎月開催。vol.41を経て全国展開中。 自身が主催する即興ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。他、日本中の大学や企業でも即興ワークショップを通して「今の自分に気づき、見て、大事にする」「他者と失敗を笑い飛ばしながら、喜びの中で関わる」即興体験を提供している。