【ワタリの雑談】脳に汗かき、向き合い、心を動かす集い。ロクディム稽古。

20190207(木)

ロクディム稽古。

3/1に開催する「浅草六笑」の確認。

その後、ご飯。

そして稽古。

稽古は今回はワタリが担当。

90秒乗り合っていこうワーク。

今できる精一杯で稽古する。

今までやれてきていることをやるのは意味がない。

より細かく。より繊細に。かつ遊び合う。

とにかく向き合う。

向き合うからこと、うける傷がある。

でもそれを言い合えない関係だとしたら、一番大事なところでもっと傷つくことになる。

メンバーの関わり方を見て、全部が全部楽しい時間ではない。ドヨーンとする時もある。でもそれも良い時間。とワタリは思っている。

またやっていく中でロクディムが大事にしていることも確認していく。

確認するには、皆の「違和感」が大事。

言葉になりづらいこともある。でも言葉にしていく。

今何のためにやっているのか?ということも振り返りつつ、進んでいく。

うまくなるためにがメインでなく、稽古を通して気づきをたくさん味わうことが大事。そうするともっと大きく広く優しくなる。

「この瞬間を一緒に笑おう」を体現するために。

皆で頭や体や脳に汗をかいて関わっていく。

それは、もっと人を愛するための取り組みのようだ。とワタリは思う。


ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。
情報はこのブログ、またはメルマガで配信していきます。

ロクディム2019年の東京LIVE第一弾「浅草六笑」!ゲストは原田茶飯事!
詳細はこちらまで。

ABOUTこの記事をかいた人

渡 猛

即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を3年半毎月開催。vol.41を経て全国展開中。 自身が主催する即興ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。他、日本中の大学や企業でも即興ワークショップを通して「今の自分に気づき、見て、大事にする」「他者と失敗を笑い飛ばしながら、喜びの中で関わる」即興体験を提供している。