ウージ★ボーヤLIVE!2人の即興芝居と沖縄・奄美の音楽と泡盛でアギチャビよ〜

10時にエッグプラント近くにあるにしむらコーヒーで打ち合わせ。

昔ながらの喫茶店の雰囲気だけどでかい。洋館って感じ。

サムちゃんよりも先に入った。

注文をする前に窓際の良い席に座っている人たちが帰ったので、その席に移動させてもらった。

モーニングセットのサラダセットを頼む。

パンが二枚重ねられた上に卵が乗っているやつと、ハムがのっているやつがでてきた。
重ねられたパンの間には何も入っていなくて「これどうやって下のパンを美味しく食べるんやろ?」って思いながら上にかかっている卵を分けたりして食べた。

後から来たサムちゃんとスタッフのメグも同じものを頼む。同じようにパンがきた。サムちゃんは一瞬考えて、下のパンを卵の上にくるようにサンドした。

「····!!!」なるほど!!!

と思うと同時に自分の頭の悪さにびっくりする。エテモンキーだったらもう「知能の低い方」とランク付けされてしまうだろう。

そんなことを思いつつも、LIVEの打ち合わせを賢そうに話す。

今までのLIVEをなぞるんではなく、2人だからやれること、やりたいことをやろう。という話。

11時になって、じゅんじーさんやりらさんが車で機材を運ぶ。

なんやかんやであっという間に開場。

あっという間に本番。

始まる前に「もう終わっちゃう」って寂しくなったんだから、とっても楽しみにしていたんだと思う。

あとは無我夢中だった。

サムちゃんとの息の合い方は想像以上だった。

今までも一緒に即興したことは何回もあるけど、2人だからこそ感じられるものがあった。

サムちゃんはちゃんとその場の人間として考え反応してくる。

終わってみたら「末っ子の性質と具志堅という学級委員の恋と業」というのがテーマだったように思う。見てない人からしたらナンノコッチャだけど。

観たお客さんの何人にもが「具志堅が夢に出てきそうです」なんとも濃いキャラクターが生まれた。

LIVEが終わって、一旦お客さんに出てもらって、同じ会場で打ち上げの準備。

準備でき次第また会場に入ってもらって、打ち上げ開始。

久米島でしか流通していない泡盛「美ら蛍」も!!

沖縄の音楽。即興。打ち上げも込み。

ウージ★ボーヤのスタイル。なんくるないさーで行く感じ。良い時間だった。

「またやってほしい」「大阪でやるのはいつなんですか?」「応援してます」

直接そういう話が聞けるのも嬉しいし、また新しい繋がりとなるのも有難い。

2軒目は新開地にある神部ジュンの行きつけのお店。

お店のマスターもとっても楽しい人で、串カツもとてつもなく美味しかった。

この日を、残念な時間とするか、楽しくて忘れられないほど笑った日にするかは自分次第。

今回、サムちゃんと組んでそういう企画ができたことは大きかった。りささんの音楽も最高でした。また助けてくれたスタッフのメグ、じゅんじーさん、そして駆けつけてくれた皆様にも心より感謝いたします!

ありがとうございました!!

ゴリラーマ・・ウージ★ボーヤの2人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

渡 猛

即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を3年半毎月開催。vol.41を経て全国展開中。 自身が主催する即興ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。他、日本中の大学や企業でも即興ワークショップを通して「今の自分に気づき、見て、大事にする」「他者と失敗を笑い飛ばしながら、喜びの中で関わる」即興体験を提供している。