その友情よ永遠なれ。最高の3人衆。「3人会」に出会った。

先日、タリーズで1人コーヒーを飲んでいた時のこと。

パソコンに向かっていろいろ書いていたら、隣のテーブルに初老の男3人組が座ってきた。

3人ともニコニコしていた。

1人がカウンターに行ってコーヒーを3人分買ってきた。

その時、テーブルで待っていた2人に対して

おじさんA「おいっ。あの子。まどかっていうんだって。かわいいね」

とカウンターで働いている子の方を向く。

残りの2人が中腰でカウンターの方を見る。

おじさんA「あ、いまちょうど見えないや。あとで見てこいよ。まどかって言う名前だから」

どういうことなのか?と気をとられつつ、パソコンに向かって作業を続けるワタリ。

おじさんA「あ、いたいた。おい。行ってみようよ」

3人はカウンターで働いている「まどか」に首ったけになっている。

なぜ「まどか」にこんなに反応するのか?謎がすごい。いかん、作業に集中集中。

しばらくやり取りしていた3人組が、結局全員カウンター移動。

すごいな。まどか大人気だ。

向こうで話し声が聞こえる。いや聞こえるのはおじさん達の声。声が大きいんだ。

おじさんA「あのね、こいつの娘もね!まどかって言うの!同じ漢字だよ!かわいいね!」

なるほど、娘と同じ名前だったのか!謎が解ける。いや、そうでもないか。テンションが高すぎる気も。

ワイワイと帰ってくる3人。

おじさんA「いやぁ可愛かったね」
おじさんB「でも向こうは迷惑っぽかったな」
おじさんA「いや、もう年取るとさ。向こうのアレは気にしなくなってくるよね」

そうか。歳を取るってこういうことなのか。気にならなくなるのか。

なんて思ってまたパソコンに集中する。

しかし、しばらくして、ワタリの集中を遮る言葉が入ってきた。

「女房がいなくて寂しいよ」

ピクン。

手が止まる。耳が研ぎ澄まされる。

聞いてきくと、おじさんAの奥さんが去年他界されたようだった。

さっきの「まどか、かわいい!」って言っていた雰囲気はなくなり、神妙な空気がワタリのテーブルにまで流れていた。

おじさんA「子供がいたってねどうにもならないよ。冷たい女房でもね。いるとね、何か空気みたいなんかな。そういうのが回ってるんだよ。1人だとね、なんで生きているんだろう?って思うよ」

誰が夕方のタリーズでこんな話を聞けると思うのか。もう完全に引き込まれる。

しばらくして、他の1人が口を開いた。

おじさんB「大丈夫だよ。うちらがいるから」

もうワタリ。同席したい。全力で話聞きたい。その衝動を必死におさえる。

したら

おじさんA「いやいやまぁね」

なんて少しかわす。

そしたらおじさんCが口を開く。

おじさんC「あんなに広い部屋だもんね。部屋4つあるんだっけ。そら寂しくなるよ。息子さん戻ってくる予定ないんだっけ?」

おじさんA「ない。また、俺、息子の女房嫌いだからね。いるとね余計に気を使う。来るくらいだったらそん時は家売って施設入るかな!はははは!」

おじさんC「そうか〜」

おじさんA「うん。でもね、こんな事言うとアレだけどさ、正直ね、女房が家好きだったんだ。好きな家を売るってのもね。。」

またBが

おじさんB「こういっちゃ失礼だけどさ、昔の奥さんのことアレするよりさ、現状のことを大事にしないと。ね。思い出だけじゃ生きていけないよ」

おじさんC「おい。言い過ぎだよ。な。ははは」

なんだろう・・。

なんていうドラマに立ち会っているんだろう。

またBが続ける。

おじさんB「健康のことを考えてね。こうやって3人会やってるんだからさ!」

そしたら

おじさんA「おれ、それだけが楽しみでいるんだよ」

ああ、もう泣きたい。「3人会!最高っす!」っていいたい。

おじさんA「でもさ。お二方ももしそうなったらそう思うと思うよ」

おじさんB「まぁ・・・そうね」

おじさんC「んん・・・俺はないわ!はははは」

その笑い声につられて3人が笑う。

ああ、友情。素晴らしいね。

と、思ったら、急にCが笑うのをやめて

「(息を殺しながら)おい!!」

と、残りの2人にテーブルの向こうを見るように顎で指示を出す。

お店に入ってきたミニスカートの女性が3人会の近くを通り過ぎる。

3人とも黙る。

その顔は今までで一番真剣だった。

ミニスカートの後ろ姿を姿が見えなくなるまで見送る。

見送った後、3人が同じタイミングでコーヒーを飲んだ。

完璧な3人に憧れた。


ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。
情報はこのブログ、またはメルマガで配信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

渡 猛

即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を3年半毎月開催。vol.41を経て全国展開中。 自身が主催する即興ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。他、日本中の大学や企業でも即興ワークショップを通して「今の自分に気づき、見て、大事にする」「他者と失敗を笑い飛ばしながら、喜びの中で関わる」即興体験を提供している。