ロクディム納めのワークショップ&ライブ

20181228(木)

ロクディム納め。

栃木は小山でワークショップとライブ。

ロクディム全員と即興ピアニストの小西真理。

主催はトッコ演劇工房のトッコさん。

朝移動。新宿から一本でいけるのは有り難い。

小山駅に早めについた。駅で宍戸勇介に出逢う。

ベッカーズがあったからコーヒーを飲もうとする。ゆうすけは先に行くという。

せっかく早く来たのに、朝のコーヒーを一緒にしない・・・だと?

なんて思ったけど「ああ、そうなんだね。ではまたあとで〜」なんて超大人の対応をして終わる。

1人でコーヒー。なんだか味気なかったのは、思ったほど時間がなかったからなのと、集合時間までにトイレにも行きたかったからかもしれない。いや、そもそもゆうすけがワタリとのコーヒーを断ったからということで朝のコーヒーの価値が大暴落したからかもという可能性は考えないようにした。でも心のどこかで「え〜一緒に飲もうよ〜!」って子供みたいに言ってもよかったかな。なんて少し思う。

唇がやけどするほどに早くたいらげた。

会場。トッコさんがいて、楽屋に通してくれた。

アツシがいた。すぐにヒロシやりょーちんや名古屋淳もきた。

会場の空間把握。また楽屋で、ワークショップについてのmtg。

すぐにロクディムワークショップ開始。

高校生から大人の方まで。

また参加した理由も千差万別。

ワークショップはヒロシのリードで進める。

否定も肯定もどっちも大事。自分で選択していくこと。自分たちでつくっていくこと。そういうことを伝えつつ体験していってもらった。

最後は皆が見ている前で一組ずつシーン。

各シーンにロクディムメンバーが入り、即興する。

皆笑顔。良い時間だった。

終わってライブの準備。

音響も照明もとにかく短いリハの時間の中、頑張ってくれた。有り難い。

ヒロシかトイレから富士山が観れるっていって写真とっていた。そのトイレに行きワタリも富士山を見て少しだけ落ち着く。

前説もして、本番。

最後の物語は父と子の話。

ノーアイディアだった。でもタイミングで出た。

そこから身を任せつつの即興。

珍しく芯がない人物を演じた。ブレまくり。

しかし、それが「見守るしかない親」と「自由を履き違えた子供」っていう話がテーマになっていった。

そういうことを終わったあとで気づくくらい、自分ではコントロールできないライブだった。これがロクディムの今年最後のライブ。

コントロールできないということ。思うようにならないということ。それがとっても面白いと思える自分で終わった。

photo by Takumi Suzuki

打ち上げ。

主催してくれたトッコさんは「ほんとうに夢みたいな時間だった」と言っていた。

こんなふうに言われるってことが幸せだ。

あっという間に時間がくる。

「また。やりましょう。種を撒いていきましょう」

握手して別れる。

また大切な場所ができた。

栃木で縁のある人も見に来てくれた。

場所と人との縁が繋がっていく。

ロクディム納め。

終わった〜っていう実感はやはり、ない。

これからも続いていく。

ただ、感謝の気持ちっていうのがどんどん大きくなっていく。

「生かされている」という感覚ってこういうことなのかもしれない。


ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。
情報はこのブログ、またはメルマガで配信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

渡 猛

即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を3年半毎月開催。vol.41を経て全国展開中。 自身が主催する即興ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。他、日本中の大学や企業でも即興ワークショップを通して「今の自分に気づき、見て、大事にする」「他者と失敗を笑い飛ばしながら、喜びの中で関わる」即興体験を提供している。