「chonpu-」ラスト稽古。毎回違う芝居。

20181211(火)

朝早く起床。

成田空港へ。

成田はなんだか久しぶり。

いつもは歩いていく第三ターミナルまでバスでいく。

今朝は寒すぎたからだ。

早めに荷物を預けてさっさと搭乗口にいく。

そこでゆっくりする。

飛行機に乗り、高松空港へ。

今日は四国学院大で共演者の小飯塚貴世江さんとみっちり稽古をして、次の日広島入りする流れ。

空港に着くと、いくも迎えにきてくれるまこちゃんの奥様のレイコさんが待っていてくれた。

四国学院大に行く途中でうどん屋に行ってくれた。有り難い。

大学で稽古。

今回の作品は今までで1番稽古した。また上演数も今までで1番。

香川。新潟。そして広島。

思い入れのある作品となっている。

またその時期時期で芝居が変わっている。それは小飯塚貴世江さんもワタリも色々経験しているからだと思う。

だから毎回チューニングしつつ、よりいいものを目指す。

役どころとして人と繋がってはいけない。繋がることをずっとやってきた人間にとってかなりのチャレンジ。またキヨエさんのアンテナの鋭さもあってとても良い稽古になる。

その稽古が今日で最後となった。

終わりの時間に、広島で仕込みをしていた主宰の仙石桂子氏が帰ってきて、その稽古を静かに見た。

終わって夜一緒にご飯する。

ホルモンを食べにいく。めっちゃくちゃ美味しかった。口の中が幸せになっていた。

外は雨だがそんなことは1つもマイナスでないほどの美味しさだった。

こんな時間が間もなく終わると思うと寂しい。

「chonpu-」詳細&申し込みはこちらから。


ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。
情報はこのブログ、またはメルマガで配信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。