MUSIC FROM THE MARS 結成20周年記念イベント 「AFTER 20 YEARS」に出演。感想記。

MUSIC FROM THE MARS 結成20周年記念イベント
「AFTER 20 YEARS」に出演してきました。

スペシャルゲストはGOOD LUCK HEIWA

ワタリはEJ(演劇ジョッキーの略。当日MFTMのフジイさんが命名)として参加。

各バンドが始まる前に即興1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」敢行。

ステージは機材がガッツリ組まれているため、一歩も動くスペースがなく、動かずのヒトリワタリ。

経験したことのない状況に、全身の毛が逆立つ感覚。燃えました。

即興を初めて見る人が9.8割。お客さんとの距離も今までで一番近い中、スタート。

楽しみに来ているお客さんのエネルギーに乗り、遊戯しました。

お客さんも初めてなのに途中で思わず声を出して突っ込んだりして、やりとりが生まれ、大きな笑いに包まれました。

中盤は場所を変えて、マイクフォローなしで敢行。

完全に場違いになる可能性もある中でのチャレンジ。お客さんやアーティストの繋がりやエネルギーが素敵でその空気に乗るだけで楽しい気持ちに。

終わった後アーティスト同士「最高だった」と伝えあった幸せな時間となりました。

理由は「面構えが良い」から

このイベントの主催MUSIC FROM THE MARSのVocal,Guitarの藤井友信氏との出逢いは、
公私共に付き合いのある原田茶飯事氏の繋がりからでした。

何度かメッセージのやり取りしたことや、ライブも行っていく中で「いつか一緒に面白いことできれば」なんて今年の最初の方で言ってたことが今回、形になりました。

何がすごいかって藤井さん、ワタリのパフォーマンス一度も観たことがないということ。

なのに自分のバンドの20周年ライブに呼ぶってのがすごい。

もちろん原田茶飯事氏の信頼関係もあってのことだけど、他に理由を聞いたら

「だって・・面構えが良いじゃない。ねえ」

カッコイイわ・・。

藤井さん。このライブでワタリの即興を初めて観たのだけど、ワタリのパフォーマンスが終わってステージを降りるとお客さんをかき分けて、ワタリの手を握って満面の笑みで「最高!」って言われたのが最高に嬉しかった。

この瞬間に初めてちゃんと「出逢った」感じがした。

この経験はとっても大きかった。

藤井さん。そして茶飯事に感謝っ!

終わりに

MUSIC FROM THE MARSもGOOD LUCK HEIWAも本当にすごい音楽でした。
ともかく聴いてほしい。

CDもLIVEも!

WEB:MUSIC FROM THE MARS

WEB:GOOD LUCK HEIWA

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。