懸垂やって411日目。いつもの場所を子供たちが占領!そんな時は視点を変え自然に頼るの巻き。

こんにちは。懸垂野郎です。

本日は2/14バレンタインの日に行った苦味たっぷりの懸垂をお送りします。

前回の懸垂野郎にて片手懸垂もどきにチャレンジ。見事1回できたということに味をしめた渡。

今日もやってやるぞ〜!なんて意気込んで公園に行きました。

時間は夕方4時。

そらぁ、いるよね。子供。プチ子供の王国だよね。

で、いつも隅っこにひっそり佇んでいる滑り台君も今日は大人気。

そこにいきなり気合いの入ったヒゲのおじちゃんが来るって、山登っててクマが目の前に来るくらいの衝撃だよなあ。なんて考えて、ジェントルなクマ、、じゃない渡はそっと滑り台に背を向けて公園を見渡しました。

どの遊具も子供でいっぱい。

そんな時は視点を変えるのです。ここにある全てが「懸垂をするための場所」だと見るのです。

そしたらありました。しかもびっくりするほど丁度いい。

いざ!!

 

 

いやぁ〜ものすごい並行でまっすぐな枝。だけど、太かった。ゆえにグリップ力が足りませんでした。つかむところが太いと支えきれなくなるのです。

撮影はワタリーショップで即興をやっているシモーヌ。ありがとう!

ほなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。