雀を助けたあと、稽古。

香川は四国学院大にて一泊して次の日は電車で京都の大学で授業をする予定だった。

でも、降りしきる雨。どうやら西日本全体が雨。

次の日の朝、京都の大学が休校になった知らせが届く。

でも、ロクディムの広報として行く予定を組んでいたからなんとか関西にいけないかと考え、ネットで調べる。

お昼のバスのチケットが取れた。

午前中は芝居の稽古。

その後皆でうどんを食べる。

まこちゃんが車でターミナルまで送ってくれた。

ただ、この段階で、土砂降りの雨を見て「運休··だよね」なんて思う。

早めにバス停に着く。誰もいない。

「バスが来るまで車で待ってましょう」

雨宿りする場所もないのでまこちゃんが言ってくれた。

その間、本当にバスが来るのか調べる。

やはりネットでは「運休」って書いてあった。

電話はでない。

まこちゃんもいろんなところに問い合わせをしてくれる。

バスが到着する5分前。ようやっと電話が繋がった。

おばちゃんが明るい声で運休の旨を伝えてくれた。

諦められず、駅に向かう。

「さきほど運転見合わせになりました。今日はもう出ないですね」と駅員さん。

こうなると観念するよね。

大学に戻り、仙ちゃんに今日の宿を取ってもらい、明日の東京行きの飛行機を予約した。

稽古に集中する。

止むのを忘れたかのように、雨がずっと降っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

渡 猛

即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を3年半毎月開催。vol.41を経て全国展開中。 自身が主催する即興ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。他、日本中の大学や企業でも即興ワークショップを通して「今の自分に気づき、見て、大事にする」「他者と失敗を笑い飛ばしながら、喜びの中で関わる」即興体験を提供している。