時間を忘れる

2018/05/27のPerformanceワーク。

その瞬間に感じていることを知覚していく。

先のことを考えず想定せずに、今起きていることに関わっていく。

そこで感じていることから発想し、そのアイディアを表現する。

またそのアイディアをさらに活かすには?

その表現をどこまで凝っていくのか?を考えトライする。

とことん遊ぶために、真剣に向き合っていく面白さ。

進むこと、積み重ねることとは?

何度もトライする。

自分の意識を広げ、表現を掘り下げていく。

自分から学びにいく。

その中で自分が小さい世界に収めようとしていたり、展開を考えて眼の前に起こっていることに反応できなかったりすることに気づいていったり、また表現を大胆にできなかったりを知り、自分から修正していく体験をする。

知っているだけでは十分でない。認めて、新しくやり直すの繰り返し。

久しぶりの昼と夜の1日Performance。

「え?もう終わり?」

たくさん考え、体を動かし、笑う。

「はぁ〜お腹空いた〜!」

密度の濃いい時間となりました。


ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。
情報はこのブログ、またはメルマガで配信していきます。

ABOUTこの記事をかいた人

渡 猛

即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を3年半毎月開催。vol.41を経て全国展開中。 自身が主催する即興ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。他、日本中の大学や企業でも即興ワークショップを通して「今の自分に気づき、見て、大事にする」「他者と失敗を笑い飛ばしながら、喜びの中で関わる」即興体験を提供している。