基本が一番難しい。

東京のワタリーショップBasic。

この瞬間に相手と共にいる。

思いやり、愛情を持って人と関わる。

思い「やろう」とか、愛情を「持とう」とする世界ではないんです。

愛情の人。思いやりの人になっていなければできません。

「私が」何かを「しようとする」世界にはないのだ。

存在が愛情になっている。愛情で一緒にいる。

思いやり。愛情として関わり合う。

その関係は本当に美しい。嬉しいが溢れる。

見てる人も同じ感覚になる。

あなたと私の境目がなくなる。

だから一緒に笑える。

今日最後に見たシーンはまさにそれだった。

心が暖かくなった。皆嬉しかった。

これが即興。

基本の基本。

でも基本が一番難しい。

一生かけても体得できるかどうかのもの。

やっているつもりだったり、ただ馴れ合ったりになることが多い。

寒さを忘れた瞬間だった。ありがとう。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

渡 猛

即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を3年半毎月開催。vol.41を経て全国展開中。 自身が主催する即興ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。他、日本中の大学や企業でも即興ワークショップを通して「今の自分に気づき、見て、大事にする」「他者と失敗を笑い飛ばしながら、喜びの中で関わる」即興体験を提供している。