「猛」という名の始まり。

こんにちは。即興遊戯者・渡猛です。

先日、兵庫の実家に帰った時に、母親が

「そうそう。あんたに見せたげよ思って」なんて言いながら渡に渡した紙切れ一枚。

それは

hitoriwatari35_letter002

渡の名前を「猛」にしようと母に提案する父の手紙でした。

奄美大島に里帰り出産した母の元に届けられた父からの手紙。

この手紙が母の元へ届く前は渡にはまだ名前がなかった。

母はこの手紙を読んであと、渡のことを「猛(たけし)」と呼んだ。

つまりこれは、この紙はなんていうのでしょうか?

父の願いだったり、祈りだったり、

渡が猛になった証だったり、猛として生きるための「いってこーい!」的な判子をおす申請書みたいなものなのではないでしょうか。

命を吹き込んだ紙。

手紙という媒体って、ただでさえ気持ちや魂みたいなものが宿ると思いますが、これは相当なもんだなと。

それを母は「そうそう」なんつって、ライトに持ってきてくれたのですが、これがいまだ残っているということを考えるとなかなか大事なものとして扱ってくれたようです。

しかし、この「猛」という名前。

いまでこそ、「良い名前-!え?本名?漢字二文字!?へー!良いねぇ-!」なんて言われるし、覚えられやすいので有難いのですが、

小さい頃は「漢字二文字!漢字二文字!」とか「ともう!ともう!」とか言われ、いわゆるいじめの対象になったり、TSUTAYA的なやつの会員になるときにフルネーム書いたのに「あ、すいません、フルネームでお願いします」と言われたりと、名前に関する事故は数知れずな人生でした。

こんな想いでつけられたことを、この手紙を見るまで知りませんでした。

なぜなら

あれは確か小学生の時。
宿題で「自分の名前の由来を親に聞く」というのがあって、ちびっこ渡は家に帰り、リビングでテレビを寝転びながら見てる父に恐る恐る聞いてみたのでした。(すでに怖いという印象が父にあった)

ちびっこ渡「お、お父さん」
父「あぁん!?(睨み)」
ちびっ子渡「あ、あ、う(失禁)」
父「。。なんや!?」
ちびっこ渡「。。なんで僕は猛って名前になったん?」
父「あぁ?。。えーっとな」
ちびっ子渡「。。うん」
父「強そうやからや!」

。。。なんということでしょう。

なんて安易な理由なのでしょう!

当時は「そんな理由で?漢字二文字?えぇー学校で発表したくなーい涙」

なんて思ったことを覚えています。

何であのとき、この手紙を見せなかったのか?

安易に決めたことではないことがすぐ分かるのにね。

謎です。

そして手紙の最後、なぜカタコト気味に「体を大事に元気 さようなら!!」となっているのか?そして「さようなら」はなぜ鉛筆なのか?

ボールペンのインクが切れて、ボールペンを買うお金もなかったのかな?

お金がなかったというエピソードもなんだかすごく良いです。

渡が生まれたのは11月だから、この手紙を書いたのは秋ぐちで少し涼しい時期に書いたのだろうな。

今から37年前の父の風景、母の風景を思いました。

さぁ、いよいよ明日!

そんな渡に「猛」と名前をつけた父がヒトリワタリにやってきます!

お席まだございます!

皆様、是非是非是非に来てくださいませ!

以下詳細&チケット申し込み!

【ヒトリワタリ vol.35】
日程:6/25(土)
open/start:1930/2000
料金:2000円(飲食持ち込み自由)
場所:Flat House
住所:東京都港区西麻布3-21-15
最寄り:
[地下鉄]
・日比谷線「六本木駅」1C出口 徒歩5分
・大江戸線「六本木駅」3出口 徒歩8分
・千代田線「乃木坂駅」5出口 徒歩10分
・大江戸線「麻布十番駅」7出口 徒歩15分
・南北線「麻布十番駅」4出口 徒歩15分
[バス]
・都バス 都01系統(渋谷駅前⇔新橋駅前)「西麻布」下車
・都バス 渋88系統(渋谷駅⇔新橋駅北口)「西麻布」下車
※ 渋谷駅からお越しの場合は停留所から徒歩3分
※ 新橋駅からお越しの場合は停留所目の前
※会場は脱靴スタイルです。スリッパをご用意しております。
※全席自由席です。ご来場先着順でお好きな席をご利用いただけます。
※料金は当日精算(現金のみ)です。ご入場時に受付にてお支払いください。
予約は下記のボタンをクリックして、
《LIVE名、お名前、チケット枚数》を明記の上、送信くださいませっ。
また今年の全てのスケジュールが出ています!
☆7/31(日)【ヒトリワタリ vol.36】
開場 16:30 / 開演 17:00
☆8/30(火)【ヒトリワタリ vol.37】
開場 19:30 / 開演 20:00
☆9/27(火)【ヒトリワタリ vol.38】
開場 19:30 / 開演 20:00
☆10/25(火)【ヒトリワタリ vol.39】
開場 19:30 / 開演 20:00
☆11/26(土)【ヒトリワタリ vol.40】
開場 16:30 / 開演 17:00
☆12/17(土)【ヒトリワタリ vol.41】
開場 16:30 / 開演 17:00
どれもチケット受付しておりますので、是非。
【ヒトリワタリとは?】
基本、ひとり。時々ゲスト。
「自分の能力の最果ては?自分を、人を、空間全部を徹底的に信じた先は?」
即興遊戯者・渡 猛(わたりたけし)が即興で演じ、歌い、踊るエンターテイメントLIVEです。
場所は西麻布のオアシス、多目的空間フラットハウス。
その優しい雰囲気の中で、追いつめられ、汗かき、無我夢中に飛び込む企画になると思われます。

1 個のコメント

  • youtubeの青山繁晴参議院選挙、柏駅、横浜駅前の、演説の終わりの方に、名前についてのいい話があります。一度ご覧ください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    即興遊戯者/インプロバイザー・ワタリ

    即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を3年半毎月開催。vol.41を経て全国展開中。 自身が主催する即興ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。他、日本中の大学や企業でも即興ワークショップを通して「今の自分に気づき、見て、大事にする」「他者と失敗を笑い飛ばしながら、喜びの中で関わる」即興体験を提供している。