即興(インプロ)で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリvol.34」のチャレンジ。男の中の男とはいったい何だ?

こんにちは。渡です。

月一で開催している渡の挑戦LIVE「ヒトリワタリ」。

即興(インプロ)1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」とは?

2016.03.01

即興で1人でやることがそこまでチャレンジでなくなったと感じてから、毎回テーマを決めてチャレンジしております。前回のテーマは「沈黙」。

即興で1人芝居。「ヒトリワタリ vol.33」。沈黙へチャレンジする春。

2016.04.04

最初と最後だけトーク。

あとは、言葉を発さずにお届けいたしました。

沈黙の世界に触れた時、その奥深さを改めて知りました。いや、知らなかった世界まで見えました。渡は入り口に立てた感じがしました。

黙っていても喋っている世界と、本当に静かな世界。

沈黙の中にも色んな層があって、その層によって表現が変わり、お届けの仕方が変わる。実に奥深い。

前々回のチャレンジの「歌」と同様に、色んなところでチャレンジしたり、深めていきたい領域でありました。

5月のヒトリワタリのテーマは?

さて、今月のヒトリワタリは24日(火)。あっという間でございます。

それではテーマを発表させていただきます。

今回のテーマは

hitoriwatari34

「男」いや、「漢!」

漢とは一体なにか?というテーマでお送りしていきます。

写真は分かる人には分かるある映画のイメージです。めっちゃ有名な映画です。渡の口の中にはテッシュが入っております。エラを強調するためです。

今回はなんと男性限定ライブ!しかし。。。

サブタイトル「男だけにワタリする夜」の通り、今回は男性限定ライブということでお送りいたします。

が、今まで足繁く通ってくださっている男性以外の皆様にもやはり見て欲しい。という渡の想いから!

受付時、男装してきていただけた方は参加可能といたしますっ。

ハロウィーン的な感覚で!カタラジェンヌになりきってもよし、ヒゲをつけてきてもよし、予約を男の名前でしてきても良しです!

受付で男装グッズも用意します!だから、「なんだ男以外ダメなんだ。。」なんて思っちゃダメよ。ダメなんだから!って言い過ぎると企画の意味がなくなるのでこの辺にしておきます!

ということで、本番までの企画として「男とは?」というのをテーマに、渡自身、男らしさや最高の男とは?を探求していく所存!乞うご期待くださいませ。

詳細&チケット申し込みは以下より!

【ヒトリワタリ vol.34】
日程:5/24(火)
open/start:1930/2000
料金:2000円(飲食持ち込み自由)
場所:Flat House
住所:東京都港区西麻布3-21-15
最寄り:
[地下鉄]
・日比谷線「六本木駅」1C出口 徒歩5分
・大江戸線「六本木駅」3出口 徒歩8分
・日比谷線「広尾駅」3出口 徒歩10分
・千代田線「乃木坂駅」5出口 徒歩10分
・大江戸線「麻布十番駅」7出口 徒歩15分
・南北線「麻布十番駅」4出口 徒歩15分
[バス]
・都バス 都01系統(渋谷駅前⇔新橋駅前)「西麻布」下車
・都バス 渋88系統(渋谷駅⇔新橋駅北口)「西麻布」下車
※ 渋谷駅からお越しの場合は停留所から徒歩3分
※ 新橋駅からお越しの場合は停留所目の前
※会場は脱靴スタイルです。スリッパをご用意しております。
※全席自由席です。ご来場先着順でお好きな席をご利用いただけます。
※料金は当日精算(現金のみ)です。ご入場時に受付にてお支払いください。
予約は下記のボタンをクリックして、
《LIVE名、お名前、チケット枚数》を明記の上、送信くださいませっ。

 

【ヒトリワタリとは?】
基本、ひとり。時々ゲスト。
「自分の能力の最果ては?自分を、人を、空間全部を徹底的に信じた先は?」
即興遊戯者・渡 猛(わたりたけし)が即興で演じ、歌い、踊るエンターテイメントLIVEです。
場所は西麻布のオアシス、多目的空間フラットハウス。
その優しい雰囲気の中で、追いつめられ、汗かき、無我夢中に飛び込む企画になると思われます。

渡猛の即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップとは?」はこちらをクリック!

即興(インプロ)ワークショップの料金や概要はこちらをクリック!

即興(インプロ)ワークショップスケジュールはこちらをクリック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・ワタリ

即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を3年半毎月開催。vol.41を経て全国展開中。 自身が主催する即興ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。他、日本中の大学や企業でも即興ワークショップを通して「今の自分に気づき、見て、大事にする」「他者と失敗を笑い飛ばしながら、喜びの中で関わる」即興体験を提供している。